• TOP
  • >
  • トラウマ解消セッションの感想2024年

セッションの感想 2024年

学生・女性 電車の人身事故【10分お試しオンライン】

 
【感想】
私は電車の人身事故を目の前でみてしまい、心をとても苦しめられました。電車も怖くて乗れず、日常もずっとその瞬間を思い出す日々で辛い毎日でした。ですが今回の15分のセッションを受け、その時の出来事は思い出せますがそこにあった感情がパッと出てこず、ぼやけてる感じがします。辛い瞬間の感情が薄くなり辛い気持ちも少なくなりました。少しなくなっただけでも心が明るくなりました。zoomのセッションだけでもこれだけ変わるので驚きです。ありがとうございました。

 


50代女性 毒親、虐待【10分お試し・120分オンライン】

 
★セッション直後の感想
 
気兼ねなく親の話をできて、とても楽になりました。
清々しいというか、トンネルの先に光があるのが見えたような、やっと雲の晴れ間から光が差したような…
一度も味わったことがない感覚です。軽いです。
暗くて冷たい井戸に閉じ込められていた自分が、分厚いコンクリートのフタをずらして外に出れたように感じます。
本当にありがとうございました。
しばらくは自分の変化を観察してみようと思います。
 
★セッション後、数時間してからの感想
 
今回はトラウマ解消セッション120分コースありがとうございました。
金額には少しためらってしまったのですが、毒親へのトラウマには心底辟易していたので思い切って申し込みました。
シングルマザーで、支払いが不安だったのですが、分割払いにして頂きありがとうございます。

今回は親からの暴力、暴言、人格否定された苦しさをどうにかしたくて申し込みました。
今まで死ぬほどもがきました。
自己肯定感も持てず、いつも焦りと不安でどうにかなりそうでしたし、自分を大切にするということが全くわかりませんでした。

あまりの苦しさに睡眠時間を削り本を読み漁ってきましたが一向にラクにはなれず…
脳科学、引き寄せ、潜在意識、精神科医や鬱病体験者の著書、宗教二世問題、ブラック企業関連なども読み、搾取する側、される側という構造に気づき、利用されない自分になるために自尊心を回復したいと思いました。
50歳を過ぎても、「頭の中の親」の心無い言葉が自分を傷つけ、酷いときは10個以上の円形脱毛ができ、毒親の後遺症に絶望していました。
いつか私も壊れてしまい、離婚後に自殺した元夫のようになるのではないかとものすごく怯えていました。
元夫も私同様に幼少期から酷い虐待に合っていました。
セッション終了後、「よく生きてこられましたね」と言われ、自分でもよく頑張ってきたなとしみじみ思いました。
ドン引きされるような体験を優しく受け止めて下さり本当に感謝しています。
温かい対応でとても話しやすく、今回お願いできて良かったです。
カウンセラーもピンキリで、特に毒親問題などは「そろそろ親を許してラクになった方がいい」と言い放つようなタイプもいるらしいので…
行く気にはなれずにいた私でしたが、またお願いしたいと思っています。

体験後、あれほど苦しめられたぐるぐる思考がなくなり狐につままれたようです。
「あれ?はて?ん?マジ?軽いような?」が体験したあとの感想です。
胸のつかえやお腹の中心の鉛がないかも…?と変なカンジです。
次の予約をグイグイおすすめされたりもなく、またいつでも相談できるという安心感も大きいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


★セッション翌日のメール

今まで生きてきて初めて安心して話すことができたので、もし、過去の私が読んでも受けたくなるような内容を書き込みました。

カウンセリングは日本では敷居が高いし、そもそもの相性、人間性、金額、予約という負担、カウンセラーのレベルという、いくつもの垣根を超えなければならないので相談に至りませんでした。

今回すんなり予約できたのは、エネルギーとか、スピリチュアルとか、波動なども独学で学び、ネイティブアメリカンの話なども多少知識があったためです。

独学だったので、私どこまでいっちゃうの?ヤバい方に進んでないか?と不安に感じていました。
色んな人の本を読むと、表現は人それぞれだけど、言ってることはほぼ同じなので、こっちでいいらしいと進んできました。
遠隔の知識もあったので受けることができましたが、
例えば、20代、30代の私だったら近寄りもしなかったと思います。
過去の痛みを受け止めるだけの強さが身につくまでは
立ち向かいたくない自分がいたと思います。

10分の体験があって、林さんの人間性を感じ安心したのでお願いできました。
ありがとうございました。
 


50代女性 家族など【120分オンライン】

 
先生、ありがとうございました。
これからセッションを受けようと思う方の参考になれば嬉しいので、長文になりますが、書いてみます。
コロナで頭がボンヤリしているので、まとまりが無く申し訳ないですが(^^)



正直にありのまま書きます。
感想や変化と言われても、正直
コロナの治りかけで頭に霧がかかったようで、ボンヤリとしてしまい
それがセッションの効果なのか、コロナ関連から来る症状なのか自分ではわからないです。
ただただ悲しくて、疲れていて、気力も湧かず、このまま消えてしまいたい、、、と涙ばかり出ます。

だけど、なぜ、この年齢(50代)で今更こんなセッションを受けようとしたのか、
それは、生きたい、生き直したい、やり直したい、そういう前向きな執念深さ!というか、生きようとするエネルギーがとても強いのだろうな、って感じます。
今はコロナでかなり弱ってますけど、もともと私は逞しいというか、雑草のような強さと、小枝のような脆さの両方を持っています。
今まで経験してきた事も、全て乗り越えられてきたし、本当によく乗り越えてきたなあって自分でも思います。
なんでも臆せず新しいことに挑戦する気力が旺盛でもあり、だからこそ丸腰で向かっていって、まともに傷ついてボロボロになってしまいます。
だけど、「転んでもタダでは起きないぞ」と思って、倒れては這い上がって、また倒れては這い上がってきました。
息子を出産する迄は、怖いものなんかない!くらいに思っていたし、
これだけ傷ついた人生なのだから今更何があっても怖くない!くらいに生きてきた。
だけど、息子を出産してから、この世界にこんなに愛おしい存在があったんだ、と思い、生きることが怖くなりました。
この子を守りたい、と思えば思うほど、うまく母親として子供を愛せない自分に傷つき、
子育てがうまく出来ない自分に悩んでがむしゃらに来ました。
気づけば息子は私の身長を超えるほど大きくなり、そして、私の抱えてきたトラウマや悲しさ、苦しさのようなものを理解してくれる?存在と成長していました。
私には何故だか突然キレて物を壊してしまう事や、睡眠薬が無いと眠れないこと、数えきれないほどの不定愁訴、婦人科系の病気やアレルギーなど、色々抱えているのですが、
林先生のセッションでは、全てを丸ごと治療してしまうような魔法みたいなものではなく、
「悲しみは悲しみで、怒りは怒りで、出して良いんですよ」というものでした。
うまく説明できなくて、もどかしいのですが、

先生とzoomで繋がり、一つ一つ思い出したトラウマを、その時の感情になるべくフォーカスして思い出し、先生が画面の向こうで、それを丁寧に抜いていく、そんな感じでした。
たぶん、一つのトラウマに対して1分ほどの時間で、除去している感じでした。
除去されたかどうかは、正直、今はよくわからないです。
というのは、私のトラウマは、元々
ボンヤリした記憶の中にいつもあって、それが本当にあったのか何なのかも思い出せないような、絵本の中の怖いお話のような感覚なので
、他のクライアントさんのようなハッキリとした体感、感想が書けなくてそこは申し訳ないです。
そして、金額も高額で、普通の主婦の私には躊躇ってしまうほどの金額だな、と思っています。
これで、本当に何かが変わるのかどうかもわからないし、
自分に嘘をつくのをやめようと決めたので、本音で書いています。

以前の私は、数々のセラピーを受けましたが、
そのセラピストやヒーラーに遠慮をして、
治ってもいないのに
「治った気がします。ありがとうございました」と、嘘をついて誤魔化してきました。
せっかくやってくれたのに、治ってません、変わってません、と言えなかったから。
けれど、林先生には嘘をつくのはやめようと思って、そのまま書いています。
先生の印象はとても良かった。
お顔の印象や、話し方、飾りっ気の無い感じや、裏表のない感じ。
普通に地に足のついた、生活感のある人というか。
ヒーラーやセラピストで、浮世離れというか、スピリチュアルの方に傾いてしまって現実的ではない印象の方もいらっしゃる中で、
本当に、普通に日常を送っている感じ、がとても安心しました。
三人の娘さんを育てている父親であり、穏やかで朗らかな雰囲気にも救われます。
重たい辛い話も、なんていうか
先生のお人柄や受け止め方が、軽くしてくれていると感じました。
エネルギーの軽い方、軽やかな感じが話しやすくて。
私は泣きながら苦しかったことを先生に告白しているのですが
先生の受け止め方が軽やかなので
私の過去に起きた事実に、それ以上の感情や重たさを乗せないから、起きた事実以上の色付けをしない、そんな感じに救われました。
淡々と、でも誠実に進んでいく感じです。

前に、女性のセラピストに同じようなトラウマ解放セラピーを受けた時は、セラピストが過剰反応したり感情を乗っけてくるので、ものすごくやりづらいなぁ、と思って、そういう部分で疲弊したのですが(笑)
こういうセラピーって、男性の方が感情的にならないし、理性的というか、淡々としていて良いなぁと。
あとは、私は父や男性、祖父から受けた傷が大きいんですが、
そんな私でも、男性セラピストを受容出来たのって、林先生のお人柄としか思えない。
三人の娘を育てている、生身の父親、人間という感じ。
安心してセッションを受けられました。そこに本当に感謝しています。

いま、ボンヤリ思うのは
人って、必要な時に必要な事が起きるんだろうなぁってこと。
そして、息子や夫にも話したのだけど、
人って、多分、自分で決めた課題があって、みんなそれをやって、やり終えて人生を終えるんだろうなあって。
自分の観たい映画を自分で観てる、そんな感覚がしました。
その映画のチャンネルを変えるリモコンも実は自分の中にあって
自分でいくらでも、観たい映画(現実)は変えられるんだろうなぁって。
潜在意識とかのことは詳しくわからないけど、だけど、私の中に眠っている可能性や伸びしろが沢山あるだろうに、小さな氷山の一角しか見つめていない人生は勿体ないな、と。
息子(12歳)には、幼い頃から
「自分の現実は思いで幾らでも変えられるよ。君の人生は、君の思った通りになるから、人生には、思い通りにならないことって実は一つも無いとママ思う」と、話してきました。
何処から、何を根拠にそう思って息子に話していたのか自分でもわからないのだけど、最近になって潜在意識が云々という話題を目にすると、
あぁ、私がなんとなく感じて、息子に伝えたかったのって、そういうことなのかな?と思います。

息子や、他人には、幾らでもそうやって前向きに、人生は素晴らしいものだ!と言えるのに
自分のことになると、親からの刷り込みも強くて、何度も何度も挫けてきました。
だけど、自分が母親になり、息子という宝物を授けてもらい、その息子の人生を素晴らしいものになるよう応援する子育ての中で
実は自分自身を応援してあげたかったのね、とか、
息子にかける勇気づけの言葉は、自分を励ましてあげているのね、とか
インナーチャイルドというものがあるのなら、その、小さな自分自身を、子育てを通して抱きしめているのだな、と思うと、
息子に感謝しかありません。
インナーチャイルドに関して言えば、まだそんな言葉が世間に知れ渡っていない頃から、インナーチャイルドを抱きしめる、という練習をお風呂の中でやっていたのですが、
当時の私には「自分を自分で抱きしめる」なんてことが出来ず
どうイメージしても出来なかったのですが、息子がこの世に生まれてきてくれてから、だんだんと、自分を抱きしめることができるようになった気がします。
林先生も、お仕事以外の普通の毎日の暮らしの中で、お嬢さん三人を心から抱きしめて生活されているのを、画面越しからも感じました。
そういう、人としての温かさというか、お人柄が伝わってきて、
「必要な時に、必要な事が、必要な人を介して起こるのね」と思いました。
大晦日から発熱し、40℃の高熱が続き、一週間経ち、熱はないものの
倦怠感やら咳やら、鬱やら、思考もまとまらずの日々ですが
そんな朦朧とした中で、コロナの治療よりも、トラウマの治療を受けようと決めた自分で、なんか凄いと思います。
半年間、受けようかな、どうしようかな?と迷っていたのですが
まさか、こんなフラフラな体調の時に、トラウマを思い出すような、気力体力を極限まで使うような?ことに挑戦した自分で、凄い、、、と。
それは、自分の内側が望んだことだと思うので、少しずつ、良い方に
楽な方に変化していくと期待しています。
今回のコロナも、強烈な自浄というか、浄化なんだと感じます。
また、気持ちの変化や、書きたいことが浮かんだら、お便りします。

誠実で、温かいセッションをありがとうございました。
読み返さず、書き直しもせず、そのまま送信します。